Three major diseases

3大疾病に関して

  • がん
  • 心疾患
  • 脳血管疾患

日本における死因の上位を占める がん、心疾患、脳血管疾患 を3大疾病とよび、
健康な生活をおくるためにはこの3疾病の 予防、早期発見、早期治療が重要です。

日本における死亡原因の推移

がん

がんは、細胞の遺伝子が傷ついてできた異常な細胞が、無秩序に増え続ける疾患です。

各臓器から発生した がん は、がん細胞による塊をつくり(悪性腫瘍)、下記の様々な形式をとって体中に拡がり、様々な症状を引き起こします。

・ 直接浸潤:周囲の組織にかみついて進行する。

・ リンパ節転移:リンパ管を通ってリンパ節で捕らえられたがん細胞がリンパ節内で増殖する。

・ 多臓器転移:がん細胞が血管などに入り込んで体中に飛んでいき、他の臓器で腫瘍を形成する。

・ 播種:がん細胞が腫瘍から飛び出し、付着したところで増殖する。

がん は体中の臓器から発生しますが、発生した臓器および組織によって特徴が異なり、治療法も異なります。悪性度 (悪性腫瘍の活性度) も様々なので、各臓器のがんの特徴を把握し、早期発見・早期治療に努めることが大事です。

下記に日本におけるがんの死亡率を示します。生活習慣の変化、高齢化、予防医療の進歩などにより、各がんに対する死亡率は変化してきています。

しかし、どのがんにおいても、予防医療、早期発見・早期治療が重要であることは間違いありません。

日本における各がんに対する死亡率

心疾患

準備中です。

脳血管疾患

準備中です。